韓方ダイエット

肥満の正義

肥満というのは過剰体重の状態をいうのではなく新陳代謝障害によって体内に脂肪が過剰蓄積された状態をいう。 すなわち、カロリー摂取が身体活動と成長に必要なエネルギーより超過して中性脂肪の形態で脂肪組織に過剰蓄積されて熱量不均等が起きる。 これを 肥満症といいます。

肥満の原因

食事習慣、運動不足、遺伝的要因、中枢神経系異常、ホルモン要因、心理的障害、社会、文化、経済的要因などがあります。

体質別性格及び生活習慣性による肥満

1、少陰人
少陰人は消化機能が弱くて摂取エネルギーが少ないので太る場合は少ない。不規則な食事、カロリーの多い食べ物、および消極的な性格による運動不足で太る場合があります。
2.少陽人
すべてにおいて性格がせっかちで、早食いをし、食べ過ぎてしまう場合が多い。性格が気難しく、短気のため、これを解消しようとストレス性過食をする。 また、消化器が丈夫なので食べたまま消化吸収されて太る。食事をよりゆっくりする習慣をつけ、ストレスを受けた時は、食物の摂取以外に運動や趣味で解消したほうが良い。
3.太陰人
太陰人は太る場合が大部分で、過食と怠けた生活習慣のため起こり、食事の際は、エネルギーを最大限発散できる食べ物を食べるようにし、活動量を増加できる運動や趣味生活を通じてエネルギー消耗を増進させることが大事です。
4.太陰人
太陽人は痩せ形で、太る場合は珍しい。 感情、特に怒ることによって自分の殻に閉じ篭り、酒に頼って肥満になる傾向があります。 飲酒を避けて自身の心を浄化させた後、適切な運動療法を行うことが大事です。