慢性疲労

慢性疲労とは

正常な人は睡眠と休息を通じて疲れを取り体力を再充電します。ところが十分な休息にもかかわらず、疲労感が1ヶ月以上持続する場合があります。これを'病的な疲労'と言って、6ヶ月以上持続する場合を'慢性疲労症候群'といいます。韓方医学では疲労を虚労や労倦傷と呼びますが、ここで労というのは気力が消耗して疲れきった状態を称して過度な肉体的労働や精神的ストレスによる疲れのことをいいます。 このような状態が持続する慢性疲労症候群は私たちのからだの免疫力を低下させ各種成人病、退行性疾患が起こりやすくなります。慢性疲労と成人病を併発した場合、治療を効率的にするのは難しく、治療期間も長くなるので必ず積極的な治療をしなければなりません。

慢性疲労の原因

慢性疲労は社会と家庭で受ける不安と緊張、業務過多、ストレスが主原因で疲労が回復できず、加重される悪循環が反復されます。 人それぞれ体質と環境、気質が違うため慢性疲労の原因は各々違うと考えられます。したがって慢性疲労は個人の特性と症状に合うように個人別オーダーメード治療をしなければなりません。 自身に不足した部分を正確に診断した後、その不足した気力を培って私たちのからだの新陳代謝を円滑に促進するように助けてこそ、元気な状態を取り戻すことができます。

私の疲れ、慢性疲労??

- 朝起きるのが大変だ。
- 熟睡しても休息を取っても疲労が抜けない。
- 常にからだがだるくて重い。
- 記憶力や集中力が落ちて仕事や学業の能率が落ちる。